親なるもの 断崖 登場人物紹介(9話サブキャスト)と9話ネタバレ

梅の家族

大河内道生

梅と大河内茂世の間に生まれた女の子。

女郎の子供といじめられるが・・・

 

大河内茂世の母

道生の祖母でもあり、梅と茂世の結婚には反対していた。

女郎が嫁いできたのは大河内家の恥だと言う。

 

 

9話について

昭和11年。

梅には道生という長女が誕生していた。

 

「お前は本当に幸せな子だよ」

 

梅は道生を背負いながらそう言う。

しかし梅の生活は厳しいものだった。

梅が女郎だったことは誰しもが知っていたので、

家にまで押し寄せてくる男ども。

姑にまで淫売女呼ばわりされる毎日。

 

 

そんなある日、近所の人たちに道生がいじめられているのを見つけた梅。

手に持っていた鎌をふりかざし道生を助けに入る。

その時男の子の頭に怪我をさせてしまう。

 

そのことが知れ渡り、梅は町中の人から町から出て行けと言われる。

姑を始め大河内家の女性たちからも責められる梅。

しかし男の子に怪我をさせたこと以外は責められる筋合いではない!

と強く反論する。

 

「母親が女郎だからその子供がいじめられるのよ」

 

大河内家の人間から放たれたその言葉に梅は絶句してしまう・・・

 

周りからの扱いはひどかったが、幸せを感じていた梅と道生。

その生活がこの日を境に一変してしまう。

 

家の周りにはいつも知らない人間がいて外に出られないようになった道生。

たまたま外に出た時、母梅は強姦されていた。

 

「父さんには言うなよ!行ったらお前を殺すぞ・・・」

母親の口からそんな言葉が出るなんて・・・

 

父親はもともと口数が少なかったが、馬としか喋らなくなったと言う。

 

そして梅はある日出て行ってしまう。

 

時を同じく女の死体が浜に上がった。

それはなんと駆け落ち騒動の時に地球岬から落ちて行方不明になっていた道子だった!

5年間も変わらないままの姿だった道子。

 

「何が言いたくてでてきたのか・・・」

 

引き上げた人間もそう漏らすばかり。

 

結局梅は見つからなかった。

父は道生に母が女郎だったこと、なぜ結婚したのか、そして室蘭という街がどういうところなのかを伝える・・・

 

時は流れ昭和16年。

梅は失踪以来だれからも目撃されていない。

大きくなった道生は砂浜を歩く・・・

 

 

2部、いきなり道生登場ですね!

子供とのつかの間の幸せ、そして梅の失踪。

母親に捨てられた道生はどんな人生を歩むのか!?

 

次がやっぱりきになります!!!

 

 

試し読みはこちらから

親なるもの 断崖 登場人物紹介(8話サブキャスト)と8話ネタバレ

富士楼

美加代

函館から女郎として富士楼に売られてきた13歳の生娘。

直吉が幕西を出て行く最後の『見立て』の相手。

なかなかの上玉。

 

 

8話について

身請け話から3年。

18歳になった梅はついに嫁入りを決意する。

しかし梅の頭の中には1年前に一目だけ会うことができた中島聰一がいた・・・

 

当時は戦争への道を下っていた日本。

日鉄のある室蘭は軍需景気で九条こと武子をはじめ、富士楼の芸妓たちは引っ張りだこ。

富士楼の女将は自分が育てた九条が日本一の芸妓だと自慢気に話す。

しかし九条の腹のなかは・・・

 

九条の後援者、大林盛康と2人になると出てくる本音。

大林に店を一軒買ってくれるようにいい、

なんとその店では富士楼の芸妓をすべて引き抜くのだという。

 

直吉は梅への思いを断ち切るためか幕西を去ろうとしていた。

そんな直吉の前に函館から売られてきた美加代という娘を見立ててくれと依頼される。

女郎にしてくれと直吉に頼んだ梅の姿を思い出しながら

美加代に問う。

 

「男を、この俺を騙せるか?」

 

頭の中には

「おまえとはいっしょに生きてはいけない」

という梅の姿。

そして直吉の感情が爆発する。

 

「あれほどの女郎はもう いない!!!」

 

梅を身請けするのは駆け落ち事件の時に暴漢から救ってくれた大河内茂世。

その同じ日に連合艦隊が室蘭港に入港する。

 

それを祝うべく舞う九条。

そこへ芸妓をすべて取られたとしたt富士楼の女将が怒鳴り込んでくる。

しかし九条は気にもせず舞い続ける・・・

 

一方夫とともに入港を見ていた梅。

大河内は鉄は平和産業なのだと悲しそうにいう。

しかし梅は武子に言われた言葉を思い出していた。

 

「女を生むのや お梅」

 

ついに1部終了!

次から2部のスタートです!!

 

立ち読みはこちらから

親なるもの 断崖 登場人物紹介(6話サブキャスト)と6話ネタバレ

その他

大河内茂世

地球岬の近くに小屋を持つ謎の男性。

ヒゲだらけの顔。

 

 

6話について

中島聰一との駆け落ちをするために道子と一緒に合流場所へ急ぐ。

途中で道子は吐血。

病に蝕まれて目も見えなくなっていた道子はギリギリ生きている感じ。

梅は道子の手を掴み、引きずるように連れて行く・・・

 

一方中島聰一は合流場所へ向かう途中に偶然聰一を探していた弟に出会う。

弟から父親が倒れ、聰一に一目会いたいということを伝えられる。

 

弟と一緒に一旦家へ戻った聰一。

襖越しに父親と対面。

梅と生きて行くという聰一に対し、必ず生きて戻ってこいという父。

そして特高がやってきて逃げ出す聰一。

しかし聰一は特高に捕まってしまう。

 

地球岬で聰一を待つ梅と道子。

道子はもう瀕死の状態。

突然男がやってきて道子を崖下へ突き落としてしまう。

 

男たちに連れ去られた梅は小屋で犯されてしまう。

そこへ大河内繁世と名乗る男性に助けられ、梅は直吉に届けられる。

 

特高から拷問をうけ室蘭から去った中島聰一。

富士楼へもどり隠し部屋で客取りをさせられることとなった梅。

この後どんな展開になるのでしょうか!?

 

 

立ち読みはこちらから

親なるもの 断崖 登場人物紹介(5話サブキャスト)と5話ネタバレ

富士楼

隆太

富士楼の服番頭で、あどけない顔でいい人感がでている。

下働きの茜をコツコツ貯めた金で身請けする。

 

ルリ子

女郎。

馴染み客の海軍軍人に毎回暴力を振られ、恐怖からおかしくなる。

直吉から「モルヒネでも打っとけ」と言われた男たちに連れて行かれ・・・

 

その他

中島聰二郎

中島聰一の父。

医者で自身で医院を営んでいる。

梅に聰一と別れてくれと言いにくるが、言い返され激昂する。

殴りかかるが直吉に止められる。

 

久末進

中島聰一の通っていた師範学校の先生をしていたが、

プロレタリア文学に傾倒していたため捕まってしまう。

拷問の末釈放されるも、仕事を失い、出版物も発禁となってしまう。

社会主義者としてマークされており、愛国主義者の手に落ちてしまう。

 

久末充子

久末進の妹で兄の身の回りの世話をしている。

兄と一緒に愛国主義者に襲われ強姦される。

その後自殺。

 

 

5話について

15歳になった梅はついに中島聰一に抱かれ、相思相愛の関係になる。

しかし、中島聰一は社会主義者と言われている久末進とともにマークされている存在。

中島聰一の父も息子を心配して梅と別れるようにいうがもはや別れられない2人。

 

そんななか下働きの茜が服番頭の隆太の身請けで結婚することに。

女郎たちからは嫌われている茜が仕切ろうとするもみんなに無視される。

梅から励ましの言葉をうけるがどうなるものか・・・

 

中島聰一が富士楼へやってきていたある日、

茜と隆太が部屋を訪れ、久末兄妹が愛国主義者に殺されたという話をする。

それを聞いた梅と中島聰一は逃げることを決意。

 

その直後に梅の部屋に特高が踏み込んでくる。

 

別々に逃げて後で合流する約束をした2人。

梅は道子のいる山羊楼へ向かう・・・

 

駆け落ち!?

ナンバーワンの梅がそんなことしたらどうなる!?

続きが早く読みたい!!!

 

立ち読みはこちらから

親なるもの 断崖 登場人物紹介(4話サブキャスト)と4話ネタバレ

富士楼

山羊楼に転売された道子の代わりに下働きに入った。

梅の化粧品を勝手に持って行ったりするが梅は憎めないらしい。

 

マサ

自称「吉原から流れてきた」女郎。

幕西にきて早々に客との子供を妊娠してしまう。

番頭の直吉からほうずきを渡され堕ろすように言われ実行するが、

腐ったほうずきによって堕ろすことはできたが、胎内もぐちゃぐちゃになってしまったらしい・・・

 

 

 

4話について

「女性が社会に進出した最初の職業は遊女である」

 

ゴミだめのような山羊楼に転売された道子は幸せそうだった。

誰も道子の名前も源氏名も知らないけど、

「幕西の大衆便所」

といえば道子のことと誰にでもわかるほどだった。

 

梅は相変わらずナンバーワン女郎。

毎日男に抱かれながらも月に一度やってくる

【中島聰一】のことが気になっていた。

下働きの茜に好きなのか?と聞かれると、

二番目に好きだという。

一番好きなのは富士楼に来た日に死んだ松恵。

しかし二番目に好きだという中島聰一

【一番好き】

と言われた梅は涙を流す。

 

 

一方番頭の直吉もまた梅に以前とは違った感情が芽生えていた。

 

梅も中島聰一のことがどんどん好きになっていく。

ある時中島聰一から言われた

 

「自分が女郎でいることを当たり前だと思うな」

「お前が時代だ」

「忘れるな!次の時代を生み出すのは女性だということを!!」

 

が頭にのこる。

しかし借金を返すために体を売らなければならないという現実に悩み苦しんでしまう。

 

そんな思いがあってか芸妓の九条こと武子に何か手紙で伝えるのであった・・・

 

中島聰一、この時代には珍しいフェミニストですね!!

お前が時代だ!なんて台詞、まるで長渕剛の歌詞にでてきそうな・・・(笑)

 

梅は最後武子に何を伝えたのでしょうね?

やっぱり続きが気になりますね!!!

 

立ち読みはこちらから

親なるもの 断崖 登場人物紹介(3話サブキャスト)と3話ネタバレ

富士楼の客

中島 聰一

梅がたまたま外に出た時に出会った青年。

その後梅の初見の客として富士楼にやってくる・・・

 

 

3話について

昭和5年、14歳になった梅は富士楼のナンバーワン女郎【夕湖】。

そしてようやく生理も始まり一人前の『女』になっていた。

 

一方道子は相変わらず下働き。

だけど女に生まれたからには女の喜びを知りたい、

と女郎になることを望んでいる。

梅から女将に頼んでみても、女将は富士楼ではブサイクな道子を女郎として扱いたくは無いという。

 

そんな折、ひょうんなことから梅は1人で外の世界に出る機会を得た。

11歳で売られてから一度も1人で外を歩くことはなかったので、

出会った魚屋の親父と青年の話も新鮮。

 

しっかりと室蘭を見たことなかった梅は1人でどんどん進んでいくが・・・

 

番頭の直吉が焦りながらやってきた。

梅が足抜き(逃亡)したかと思われているとのこと。

他のものに示しがつかないのでナンバーワンの梅も折檻を受けることに。

 

折檻の後、先輩女郎から道子が他の遊郭に売られたという話を聞く。

それもたったの25円で・・・

 

初潮が来てから初めての客取り。

梅にには10人以上の客が順番待ちをするという大盛況。

 

そんななか、初見の客としてあの魚屋と一緒に出会った青年が現れる。

 

「中島聰一です。」

 

 

中島聰一さん登場しましたね!

この人、自己紹介をするぐらいなので、この後梅や、富士楼の人々と関わっていくことになるのでしょう。

一体どういう人物なのか?とても気になりますね!!!

 

親なるもの 断崖 登場人物紹介(2話サブキャスト)と2話ネタバレ

富士楼

若駒

室蘭の幕西遊郭『富士楼』の芸妓。

武子の先輩だけど、武子に嫉妬して嫌がらせをする。

つねられた武子の体は傷だらけ・・・

富士楼の客

大林 盛康

「民生会」という謎の団体の有力者。

半玉から一本になる武子の後ろだてになる。

富士楼の女将いわく、室蘭を動かせるほどの大物とのこと。

 

 

2話について

昭和3年室蘭幕西遊郭へきてから1年がたったところから昭和4年までの1年の間の話。

 

は女郎として1日に3人客を取るぐらいになっています。

でもまだ生理もきていない子供の体。

それでも幼な好みの職人さんは多いそうで。

 

武子は半玉で毎日厳しい修行の日々。

先輩芸妓の嫌がらせを受けながらも、

 

「死んでも一本になる!」

 

の根性で耐え抜きます。

 

そんな武子、やっぱり事件起こします。

 

心中

 

同じ青森出身の船乗りと崖から・・・

 

幸い一命をとりとめた武子。

何事もなかったかのように日々の修行に励みます。

 

そして昭和4年の桜が咲く頃、なので4月ごろでしょうか。

ついに民生会の大林盛康氏を後ろだてに一本のお披露目が決まります!

 

しかし武子、やっぱり問題抱えてます。

そう、武子の体には・・・

 

道子は相変わらずの下働き

 

梅に白粉を塗ったりしてます。

 

そんな感じで2話は武子の一本だちをメインに物語が展開していきます。

 

一本となった武子の今後は!?

 

というわけで3話がまたまた気になりますね!

親なるもの 断崖 登場人物紹介(メインキャスト)

主人公 梅

物語スタート時11歳。

父親、母親、姉の松恵の4人家族。

父親が馬に蹴られて寝たきりになったために姉の松恵と共に幕西遊郭【富士楼】に売られてしまう。

富士楼の女将より「器量好しの姉妹」と言われ、芸妓となるための半玉からスタートするはずだったが、

ある衝撃的な事件から11歳にして女郎となりお客を取りはじめる・・・

 

主人公 武子

物語スタート時13歳。

父親、母親、兄2人の5人家族。

小さい頃から親に

上の兄は跡取り、下の兄は用心棒、武子は売り物

と言われて育てられる。

梅たちの村にも

「孝行娘を持つと金になる」

「あすこの親は幸せものだべ」

という評判が聞こえていた。

富士楼の女将から「13歳にして色気があり、幕西一の芸妓になるかもしれん!」と期待されているが・・・

小学校卒業。

 

松恵

物語スタート時16歳。

父親、母親、妹梅の4人家族。

父親が馬に蹴られて寝たきりになったために姉の松恵と共に売られてしまう。

結婚する予定の相手がいたが相手も貧乏だったので、

遠いところへ方向に行くと伝えて売られてきた。

富士楼の女将からは

器量好しの姉妹

小柄だけどもう大人の体

だが半玉から始めるには年がいきすぎているのだという。

富士楼到着初日から『一葉(いちよう)』と源氏名をつけられ客をとるように言われるが・・・

 

道子

物語スタート時11歳。

父親、母親の3人家族(?)

顔も体もブサイクなので身売りの際にも90円(今の価値だと約55,000円)にしかならず、

父親から「親不孝もの」を連発される。

富士楼到着時には遊郭が何をするところなのか、

なぜ男と女でそんなことをするのか、理解しておらず武子に教えてもらう。

芸妓になりたいが富士楼の女将からは

「酌婦か女郎がせいぜいだが、その顔では幕西の最低料金でも客がつくはどうか」

といわれ下働きを命じられる。

 

この4人がどういった人生を歩んでいくのかが気になりますよね!?

私は気になって気になって最初から最後まで一気読みでしたよ!

 

・・・まるでウォーキングデッドの1話を見てしまったかのように(笑)