親なるもの 断崖 7話ネタバレ

7話について

駆け落ち騒動から梅は道子と名乗り、隠し部屋に入れられていた。

そんな梅が妊娠していた。

中島聰一の子か、あるいは駆け落ちの時に強姦された男の子か・・・

誰の子ともわからない子供を梅は出産する。

しかし妊娠中も折檻や暴行を受けていたため死産してしまう。

 

出産直後から客を取ることを強いられる梅。

そんな梅に身請け話が入る。

女将は隠し部屋の女郎が身請け話などそれ以上の幸せはないというが、

梅に惚れている直吉はその話を梅にするか悩んでいた。

 

そんな中、直吉は軍人から腹を刺されてしまう。

軍関係者が相手だと手が出せないこの時代。

直吉は医師の手当てもあり一命を取り留める。

 

直吉が刺されたと梅に伝えたのは服番頭の隆太だった。

隆太は直吉の梅への思いを伝え、直吉と一緒になるように梅にすすめる。

 

一方芸妓九条として名を馳せている武子。

 

「あの芸妓がいると必ず商談がうまくいく」

 

と北海道中の評判を集めていた。

 

傷も癒え、退院した直吉は隠し部屋の梅に会いに行く。

そして梅に身請け話をする。

 

しかし梅の返答は

 

「おらをもう一度幕西一の女郎にしたててみろ!直吉!!」

 

だった・・・

 

立ち読みはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*