親なるもの 断崖 登場人物紹介(5話サブキャスト)と5話ネタバレ

富士楼

隆太

富士楼の服番頭で、あどけない顔でいい人感がでている。

下働きの茜をコツコツ貯めた金で身請けする。

 

ルリ子

女郎。

馴染み客の海軍軍人に毎回暴力を振られ、恐怖からおかしくなる。

直吉から「モルヒネでも打っとけ」と言われた男たちに連れて行かれ・・・

 

その他

中島聰二郎

中島聰一の父。

医者で自身で医院を営んでいる。

梅に聰一と別れてくれと言いにくるが、言い返され激昂する。

殴りかかるが直吉に止められる。

 

久末進

中島聰一の通っていた師範学校の先生をしていたが、

プロレタリア文学に傾倒していたため捕まってしまう。

拷問の末釈放されるも、仕事を失い、出版物も発禁となってしまう。

社会主義者としてマークされており、愛国主義者の手に落ちてしまう。

 

久末充子

久末進の妹で兄の身の回りの世話をしている。

兄と一緒に愛国主義者に襲われ強姦される。

その後自殺。

 

 

5話について

15歳になった梅はついに中島聰一に抱かれ、相思相愛の関係になる。

しかし、中島聰一は社会主義者と言われている久末進とともにマークされている存在。

中島聰一の父も息子を心配して梅と別れるようにいうがもはや別れられない2人。

 

そんななか下働きの茜が服番頭の隆太の身請けで結婚することに。

女郎たちからは嫌われている茜が仕切ろうとするもみんなに無視される。

梅から励ましの言葉をうけるがどうなるものか・・・

 

中島聰一が富士楼へやってきていたある日、

茜と隆太が部屋を訪れ、久末兄妹が愛国主義者に殺されたという話をする。

それを聞いた梅と中島聰一は逃げることを決意。

 

その直後に梅の部屋に特高が踏み込んでくる。

 

別々に逃げて後で合流する約束をした2人。

梅は道子のいる山羊楼へ向かう・・・

 

駆け落ち!?

ナンバーワンの梅がそんなことしたらどうなる!?

続きが早く読みたい!!!

 

立ち読みはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*