親なるもの 断崖 用語解説 その1

遊郭でつかわれている!?用語解説

そんな感じで今回は用語をウィキペディアで調べて解説していきたいと思います(笑)

 

 

遊郭

公許の遊女屋を集め、周囲を塀や堀などで囲った区画のこと。

まあ要するに法律に則って運営されている風俗街ですかね。

 

女衒(ぜげん)

主に若い女性を買い付け、遊郭などで性風俗関係の仕事を強制的にさせる人身売買の仲介業であり、人買の一種である。

今ではほとんど使われていない言葉ですが、キャッチの人とかこの種類になるんじゃないでしょうか。

 

芸妓

舞踊や音曲・鳴物で宴席に興を添え、客をもてなす女性。

歌、踊り、三味線などでお酒の席を盛り上げてくれる女性ですね。

そういう遊びは京都が有名ですよね。

 

半玉

関東地方を中心とした花柳界における年少芸妓(芸者の見習い)のことである。

芸妓の見習いさんです。

京都だと舞妓さんですね。

 

一本

半玉が一人前の芸妓になること。

 

女郎

遊女のこと。

遊郭や宿場で男性に性的サービスをする女性のこと。

娼婦、売春婦、今でいうと風俗嬢でしょうか。

 

初見世

初めて客前に出ること。

女郎のデビューのことですね。当時だとほとんどが処女だったみたいです。

 

水揚げ

初めて客を取ること。

初見世とセットで使われるみたいです。

「俺があいつの水揚げしたんだぜー!」

なんていってるやつがいそう(笑)

 

初めて読んだ時にウィキペディアで調べたのはこの辺でした。

こういった言葉を調べるのも面白いですね!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*