親なるもの 断崖 物語構成

親なるもの 断崖 は2部構成

親なるもの 断崖は

 

第1部 昭和2年〜9年

第2部 昭和9年〜終戦

 

という構成になっています。

第1部では幕西遊郭で梅が女郎として、武子が芸妓として登りめていくのを中心としてストーリー展開になっています。

本当にリアルな描写もあってとても引き込まれる内容になっています。

 

駆け落ち

病気

危険思想

出産

結婚

 

この辺がキーワードとなっているのではないでしょうかね!

 

第2部はほぼ梅の子供の道生が登場します。

 

衰退

戦争

ガキ大将

殺人 

終焉

 

がキーワードですかね!?

 

 

文庫本は全4巻

出版されている書籍は紙媒体でも電子書籍でも全4巻になっています。

さらっと読めるちょうどよい長さの物語なので、

土日やちょっとした空き時間に読むのに最適な物語です!

 

立ち読みに行けるページ作りました

こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*