親なるもの 断崖 登場人物紹介(9話サブキャスト)と9話ネタバレ

梅の家族

大河内道生

梅と大河内茂世の間に生まれた女の子。

女郎の子供といじめられるが・・・

 

大河内茂世の母

道生の祖母でもあり、梅と茂世の結婚には反対していた。

女郎が嫁いできたのは大河内家の恥だと言う。

 

 

9話について

昭和11年。

梅には道生という長女が誕生していた。

 

「お前は本当に幸せな子だよ」

 

梅は道生を背負いながらそう言う。

しかし梅の生活は厳しいものだった。

梅が女郎だったことは誰しもが知っていたので、

家にまで押し寄せてくる男ども。

姑にまで淫売女呼ばわりされる毎日。

 

 

そんなある日、近所の人たちに道生がいじめられているのを見つけた梅。

手に持っていた鎌をふりかざし道生を助けに入る。

その時男の子の頭に怪我をさせてしまう。

 

そのことが知れ渡り、梅は町中の人から町から出て行けと言われる。

姑を始め大河内家の女性たちからも責められる梅。

しかし男の子に怪我をさせたこと以外は責められる筋合いではない!

と強く反論する。

 

「母親が女郎だからその子供がいじめられるのよ」

 

大河内家の人間から放たれたその言葉に梅は絶句してしまう・・・

 

周りからの扱いはひどかったが、幸せを感じていた梅と道生。

その生活がこの日を境に一変してしまう。

 

家の周りにはいつも知らない人間がいて外に出られないようになった道生。

たまたま外に出た時、母梅は強姦されていた。

 

「父さんには言うなよ!行ったらお前を殺すぞ・・・」

母親の口からそんな言葉が出るなんて・・・

 

父親はもともと口数が少なかったが、馬としか喋らなくなったと言う。

 

そして梅はある日出て行ってしまう。

 

時を同じく女の死体が浜に上がった。

それはなんと駆け落ち騒動の時に地球岬から落ちて行方不明になっていた道子だった!

5年間も変わらないままの姿だった道子。

 

「何が言いたくてでてきたのか・・・」

 

引き上げた人間もそう漏らすばかり。

 

結局梅は見つからなかった。

父は道生に母が女郎だったこと、なぜ結婚したのか、そして室蘭という街がどういうところなのかを伝える・・・

 

時は流れ昭和16年。

梅は失踪以来だれからも目撃されていない。

大きくなった道生は砂浜を歩く・・・

 

 

2部、いきなり道生登場ですね!

子供とのつかの間の幸せ、そして梅の失踪。

母親に捨てられた道生はどんな人生を歩むのか!?

 

次がやっぱりきになります!!!

 

 

試し読みはこちらから

親なるもの 断崖 戦争への道

親なるもの断崖の第1部、昭和2年〜9年の間に起こった戦争へ繋がる出来事をあげてみたいと思います。

 

昭和6年

9月、柳条湖事件が起こります。

日本の所有していた南満州鉄道が爆破されたのを中国のせいにして、

日本軍が中国に侵攻を開始。という満州事変のきっかけですね。

 

昭和7年

2月、関東軍(日本の軍部)がハルピンを占領します。

これによって中国東北部は日本に制圧されました。

 

3月、制圧したので満州国を作ろう、ということで日本の傀儡国家を作ります。

形上、清国最後の皇帝、いわゆるラストエンペラーですね、愛新覚羅溥儀を満州の皇帝にします。

国際連盟はリットン調査団を派遣し、満州国を認めるか調査します。

結果は認められないということ・・・

 

昭和8年

3月、日本は国際連盟を脱退します。

そしてこれから中国に対してちょいちょい戦闘をしかけて昭和12年の日中戦争へと発展してしまいます・・・

 

親なるもの 断崖 第1部の最初はまだ貧しいけれど平和な時代だったんじゃないかと考えられますね。

 

一説によると、戦前の日本はアメリカ並みに自由な生活を求めていたと言われています。

例えば戦後日本の終身雇用なんてものは戦前にはありません。

みんな自由に仕事を変えたりして生活していました。

 

しかし東北地方の寒村はそういうわけにもいかなかったんですね。

当時も生活保護はありましたが、父親が絶対の家長制度の中、

生活保護は恥だといわれていました。

そうなるぐらいなら妻や娘を売ってでも・・・ということだったんですね。

実際この物語でも娘がバンバン売られていきますし。

 

それから戦争の破滅へと向かって行くんですね・・・

 

というわけで次は第2部、

大河内茂世と結婚した梅はどのような運命をたどるのか!?

楽しみですね!!

親なるもの 断崖 登場人物紹介(8話サブキャスト)と8話ネタバレ

富士楼

美加代

函館から女郎として富士楼に売られてきた13歳の生娘。

直吉が幕西を出て行く最後の『見立て』の相手。

なかなかの上玉。

 

 

8話について

身請け話から3年。

18歳になった梅はついに嫁入りを決意する。

しかし梅の頭の中には1年前に一目だけ会うことができた中島聰一がいた・・・

 

当時は戦争への道を下っていた日本。

日鉄のある室蘭は軍需景気で九条こと武子をはじめ、富士楼の芸妓たちは引っ張りだこ。

富士楼の女将は自分が育てた九条が日本一の芸妓だと自慢気に話す。

しかし九条の腹のなかは・・・

 

九条の後援者、大林盛康と2人になると出てくる本音。

大林に店を一軒買ってくれるようにいい、

なんとその店では富士楼の芸妓をすべて引き抜くのだという。

 

直吉は梅への思いを断ち切るためか幕西を去ろうとしていた。

そんな直吉の前に函館から売られてきた美加代という娘を見立ててくれと依頼される。

女郎にしてくれと直吉に頼んだ梅の姿を思い出しながら

美加代に問う。

 

「男を、この俺を騙せるか?」

 

頭の中には

「おまえとはいっしょに生きてはいけない」

という梅の姿。

そして直吉の感情が爆発する。

 

「あれほどの女郎はもう いない!!!」

 

梅を身請けするのは駆け落ち事件の時に暴漢から救ってくれた大河内茂世。

その同じ日に連合艦隊が室蘭港に入港する。

 

それを祝うべく舞う九条。

そこへ芸妓をすべて取られたとしたt富士楼の女将が怒鳴り込んでくる。

しかし九条は気にもせず舞い続ける・・・

 

一方夫とともに入港を見ていた梅。

大河内は鉄は平和産業なのだと悲しそうにいう。

しかし梅は武子に言われた言葉を思い出していた。

 

「女を生むのや お梅」

 

ついに1部終了!

次から2部のスタートです!!

 

立ち読みはこちらから